法人用の印鑑も角印も通販でお得に購入出来る

実はかなり重要な役割を持っていた丸印

法人用印鑑には角印と丸印とがあります。見た通り、形が四角いものと丸いものですが、単にデザイン上の違いがあるだけではありません。会社で使われる印鑑という事は変わりないのですが、押しどころがかなり違います。というのも、角印はいわゆる社判(社印)ですが、丸印のほうは「代表者印」であり、「実印」なのです。実印が重要だということは、個人の実印を考えればわかりますよね。代表者印は会社にとっての実印で、会社を設立した時に法務局に登記した印鑑のことを指します。デザインは中央に役職を表す文字があり、周りに会社名が刻印されるのが一般的。つまり、真ん中には「代表取締役印」や「取締役印」という役職が記されているはずですね。これは法人が法人として認めてもらう時に登録する印。それを押すのは、会社の代表者の決定を意味する取引ということになります。どれだけ重要かは、それだけでわかりますよね。

角印はどんな時に押印されるものなのか

一方角印は、刻印してある文字も会社名があるのみのはず。こちらは法人の「認印」で、かなり日常的な手続きに使わる印です。企業で働いている人なら見積書や請求書などに押したことがあるでしょうし、発注書や領収書などにも使いますよね。その書類を発行した会社を明確にするために捺印するのが一般的です。もちろん、会社が認めていますという意味になりますから、押す時にも社判申請書などを提出するルールになっていたりしますよね。簡単に押せるものでないことはもちろんですが、現場の役職者なら押す権限を持っているのが一般的でしょう。丸印よりは重要レベルが低くはなりますが、大事な印であることに違いありません。

どちらもインターネット通販で購入可能

役割としては、丸と角とでは大きな違いを持っていますが、特に形が法律で決まっているわけではありません。これは慣習としか言えませんが、日本企業は永らくそうしていますので、四角い印を実印にしてしまうと勘違いがあるかもしれませんね。近年はコンピュータ彫りの印が市場に多く出回っていますが、会社を代表する印は手彫りがおすすめです。手彫りなら絶対に模倣されないとは残念ながら言えませんが、人間の手で彫った印影は唯一無二と言われます。もちろん、職人が彫る場合でもインターネット通販で発注・購入することが可能。通販なら原材料の仕入れや流通コストが安く抑えられるために安くなっていますが、きちんとしたものは素晴らしい仕上がりになります。会社を代表するものですから、信頼出来る会社に良い逸品を頼みたいですね。

記事一覧